木暮太一の名言|ロングスパンの努力を成功させる唯一の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロングスパンの努力を成功させる唯一の方法は、「状態目標」だけでなく「行動目標」を持つことである。「いつかスリムになりたい」という状態目標を持っている人は多い。でもそれを願っているだけでは実際にスリムにはならない。「夕食に炭水化物を食べない」という「今日やること」を行動目標として持たなければいけない。「英語をしゃべれるようになる」という状態目標を、「一日に最低3つ単語を覚える」という行動目標に置き換える。こうすることによってのみ、大きな労力を必要とする価値の向上が可能になる。


木暮太一 の経歴

木暮太一、こぐれ・たいち。日本の経済入門書作家、ビジネス書作家。千葉県出身。慶應義塾大学経済学部に入学。在学中に自主制作した学生向け経済入門書が累計5万部を突破。大学卒業後、リクルート、富士フイルム、サイバーエージェント勤務を経て独立。著書に『落ちこぼれでもわかるミクロ経済学の本』『落ちこぼれでもわかるマクロ経済学の本』『学校では教えてくれない「分かりやすい説明」のルール』『いまこそアダム・スミスの話をしよう 目指すべき幸福と道徳と経済学』『今までで一番やさしいミクロ経済学』『今までで一番やさしい経済の教科書』『マンガ+講義でよくわかる経済学超入門』『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ