川村隆の名言|社内に自分の事業をきちっと黒字にしようという意識を醸成することの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日立の改革が数年で急速に進んだ理由は、意識改革をやったこと。一番大きかったのは、自分の事業をきちっと黒字にしようと各事業責任者の意識を変えたことです。どんぶり勘定でやっていた事業を社内カンパニーに区切り、収益はもちろんバランスシートにまで責任を持たせた。毎年IR説明会を行い、「ここはできました」「できません」「次はどうします」と言え、と。社内格付けを導入し、格付けが悪いからもうカネを貸さないというのをやった。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ