野田一夫の名言|言いたいことはその場で言うことが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社でなにか不合理や不条理を感じることがあったとしよう。ところが3回目までは黙っていて、4回目になって突然、強い調子で意見を述べたらどうなるか。たぶん反発を食らうだけだ。だから、おかしいと感じたら、すぐに発言したほうがいい。最初はびっくりされるかもしれないが、君の評価は、その時点で「変わった奴」となる。するとそれ以後は、「変わった奴」として扱ってもらえるのだ。こうして精神の自由を確保すれば、ストレスはたまらないし、愚痴や陰口など出てくるはずもない。


野田一夫 の経歴

野田一夫、のだ・かずお。日本の経営学者。愛知県出身。東京大学文学部社会学科卒業。立教大学助教授・教授、マサチューセッツ工科大学ポストドクトラルフェロー(企業経営の国際比較研究)、立教大学社会学部観光学科初代学科長、日本総合研究所初代所長、日本総合研究所初代副理事長、ハーバード大学イェンチンフェロー、日本総合研究所理事長、社団法人ニュービジネス協議会初代理事長、多摩大学初代学長、社団法人日本マネジメントスクール会長、多摩大学名誉学長、宮城大学初代学長、日本総合研究所会長、グロービス経営大学院大学理事、全国経営者団体連合会会長、事業構想大学院大学初代学長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ