榎本博明の名言|失敗を恐れないようにするには

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗を恐れないためには、「減点法」をやめて、「加点法」の思考に切り替えるといいでしょう。イチロー選手は、打率にはこだわらず、ヒット数にこだわることを明言していますが、それは失敗してもヒット数が減ることはないからです。打率は失敗すれば下がりますが、ヒット数なら失敗してもプラスマイナスはゼロで、成功するたびに一本ずつ増えていきます。だからイチロー選手は「もし失敗したら」と気持ちが萎縮することなく、打席で伸び伸びとチャレンジができる。このように、「失敗は0、成功はプラス1」という加点法の思考を習慣づければ、「0と1なら、やってみるしかない」と考えるようになるはずです。


榎本博明 の経歴

榎本博明、えのもと・ひろあき。日本の心理学博士。東京出身。東京大学教育学部教育心理学科卒業後、東芝に入社。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中途退学。川村短期大学講師、大阪大学大学院助教授、名城大学大学院教授などを務めたのち、MP人間学研究所代表に就任。心理学をベースにした企業研修や講演を行っている。主な著書に『記憶の整理術』『病的に自分が好きな人』『記憶はウソをつく』『上から目線の扱い方』『上から目線の構造』『やる気がいつの間にかわいてくるたった1つの方法』『人と上手につき合える子どもに育てる36の処方箋 ニート、引きこもり、いじめを防ぐコミュニケーション力のつけ方』『すみませんの国』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ