北条重時の名言|上司は感情に流されて動いてはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

一時の腹立たしさから、部下を勘当して追い出すようなことがあってはならない。腹立たしい気持ちも治まり、過去の出来事といまの振る舞いとを比べて、改心の気持ちがない様子なら、仕方なく勘当しなければならないこともあるだろう。ただ、腹立ちまぎれに事を処理したならば、後悔しなければならない。


北条重時 の経歴

北条重時、ほうじょう・しげとき。鎌倉前期の武士。鎌倉幕府第二代執権北条義時の三男(一説には四男)として出生。小侍所別当、修理権亮、駿河守、六波羅探題北方、相模守、幕府連署、陸奥守などを務めた。和歌に詳しく、藤原定家と親交があった。現存する最古の武士の家訓『六波羅殿御家訓』『極楽寺殿御消息』を残している。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ