安岡正篤の名言|自然的素質・能力を磨くことの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間が成長するということは、児童・少年のころに与えられているところの自然的素質・能力をいかに深くするかということだ。それが教育の使命である。幼少時代によく教育すると、17、8歳で立派に人として大成する。幕末、明治の人物は皆、20歳前後で堂々たるものです。


安岡正篤 の経歴

安岡正篤、やすおか・まさひろ。日本の思想家。陽明学者。大阪出身。東京帝国大学法学部政治学科卒。卒業時に出版した『王陽明研究』が反響を呼ぶ。大学卒業後、文部省に入省するも半年で退官し東洋思想研究所を設立。大正デモクラシー期に伝統的日本主義を説いた。その後、日本の多くの指導者に影響を与えた人物

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ