水谷孝次の名言|失敗があったからこそ、本当にやりたい仕事に気づくことができた

このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな仕事をたくさん手掛けた僕の30代は、一見「成功」と映るかもしれません。しかし、いくら華やかな仕事をしても、忙しさで自分をすり減らす日々は、僕にとっては「失敗」でした。しかし、その失敗があったからこそ、僕は本当に自分のやりたい仕事に気づくことができたのです。


水谷孝次 の経歴

水谷孝次、みずたに・こうじ。日本のアートディレクター、グラフィックデザイナー。愛知出身。大学在学中にデザインの仕事を志す。卒業後上京し会社員として働きながら桑沢デザイン研究所夜間部でデザインを学ぶ。その後、日本デザインセンター勤務を経て独立し、国際的に活躍した。東京ADC賞、JAGDA新人賞、N.Y.ADC国際展金賞・銀賞、ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ展金賞・銅賞・特別賞、ブルーノ国際グラフィックデザインビエンナーレ銅賞・特別賞、コロラド国際ポスター招待展最高賞、世界ポスタートリエンナーレトヤマ銅賞、そのほか多数の賞を受賞。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ