正垣泰彦の名言|失敗したほうが結果的には成功する

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分たちの信念に向かっている途上では、客数が減った、売上が減ったなど、プラスとマイナスは必ず出てきます。思い描いていたのとは逆の結果が出たときは、自分たちの考え方を修正していく必要があります。考え方を変えたり反省したりすることを失敗というなら、失敗したほうが結果的には成功するんです。「上手くいくことがいいことだ」とみなは言うけれど、そうじゃない。マイナスがないと、もっとプラスにはなりません。


正垣泰彦 の経歴

正垣泰彦、しょうがき・やすひこ。日本の経営者。イタリアンファミリーレストランのサイゼリヤ創業者。兵庫出身。東京理科大学理学部物理学科卒業。大学在学中にサイゼリヤを開業。その後、同社を東証一部上場企業へと育て上げた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ