森下裕道の名言|7回以上褒めることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

褒めるうえで回数も大切です。「おしゃれですね」と一度言ったきりで済ませるのではなく、次に会ったときも、その次に会ったときも繰り返しましょう。最初は「お世辞かしら?」と思っていた相手も、7回目にはもう疑いません。なぜかますますおしゃれになるという現象も起こります。褒め言葉を聞いて嬉しく思い、ますます褒めてもらおうと思うからです。


森下裕道 の経歴

森下裕道、もりした・ひろみち。日本の接客・営業コンサルタント。東京出身。大学卒業後、ナムコへ入社。1年で新規事業点の店長に抜擢され、独特な接客法で不振店舗を多数立て直し、カリスマ店長と呼ばれる。その後独立し、接客、セールス、人材育成術などを様々な業種の人たちに教えている。主な著書に『自分の居場所の作り方』『なぜ、あの占い師はセールスが上手いのか?』『好感度119%の話し方』『心理接客術』『お客さまをファンにさせる接客をマスターする』『また会いたい!と思わせる、人との接し方』『ハッピー・ライフの作り方』など。スマイルモチベーション代表。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ