望月明美の名言|上手い褒め方

このエントリーをはてなブックマークに追加

褒め上手というのも、上へ上がっていく人に共通する特徴です。ただし、決してあからさまな褒め方はしません。たとえば、ふとした会話の合間などに、「この前の報告書、あれはよかった」と、チラリとひと言だけ褒める。あるいは「こいつの息子、今年の春、医学部に合格したんだよ」などと、ホステスに向かって部下の家族のことを軽く褒めたりするのです。


望月明美 の経歴

望月明美、もちづき・あけみ。日本のクラブオーナー。銀座の高級クラブ「ル・ジャルダン」の経営者。東京出身。20歳のとき「ジャンティユー」に入店。その後大きなクラブで経験を積んだのち、31歳で「ル・ジャルダン」を購入。政界、財界、芸能界などの顧客を持つクラブへと成長させた。著書に『銀座ママがそっと教える「空気が読める人」の会話術 一流の男はここが違う』『銀座ママの夜のお悩み相談室』『可憐に、そしてしたたかに 銀座のママが教える魅せる女の十二章』『銀座ママはお見通し 愛され美人といい男の秘密』『愛されるための39のエッセンス』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ