小野田寛郎の名言|他人に仕事を任せることの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

少数精鋭なら、その人間たちに相当のことを任すことができるし、また、任せなくちゃこんな仕事はできません。任されるほうにも責任が生まれるし、やりがいも出てくるだろうし。自分のことは自分でやるのが基本ですけど、他人に任せっるということもできなくちゃだめですね。その両方がないと。
【覚書き|ブラジルでの農業経営について語った言葉】


小野田寛郎(小野田少尉) の経歴

小野田寛郎、おのだ・ひろお。日本の陸軍軍人(情報将校)、階級は陸軍少尉。フィリピン・ルバング島で約30年間戦った日本兵。和歌山県出身。旧制中学卒業後、漆専門の貿易商社「田島洋行」に入社。同社社員として中国大陸に渡り、貿易業務を行った。その後、召集され陸軍予備士官学校卒業後、情報将校を育成する陸軍中野学校二俣分校で諜報とゲリラ戦について学ぶ。遊撃戦指導の任務を受けフィリピンに派遣される。太平洋戦争終結後も含めてルバング島で約30年間戦い抜いた。その後帰国したのち、ブラジルに移住し、農場主として苦労の末成功を勝ち取った。主な著書に『わがルバン島の30年戦争』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ