磯崎功典の名言|上司が本気で行動すれば、部下も従う

このエントリーをはてなブックマークに追加

「誰がやっても失敗する」と言われたホテルの支配人を任されて、何とか成功してやろうと思いました。深夜担当の副支配人や館内点検、清掃のスタッフを雇うと年間数千万円かかるので、コスト削減のために私が365日、ホテルに泊まり込んでそれらの業務を担当しました。大変でしたが、部下たちは「支配人があそこまでやるのか」「自分たちは何ができるのだろう」と考えてくれるようになって、おかげで5億円だった売上が10億円になりました。自ら率先してやることは、部下指導のうえでも重要です。


磯崎功典 の経歴

磯崎功典、いそざき・よしのり。日本の経営者。キリンビール社長。神奈川出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、麒麟麦酒(のちのキリンビール)に入社。ホテル経営者養成の経営大学院・米コーネル大学ホテルスクールに留学。大阪のキリンビール直営ホテル「ホップインアミング」総支配人、フィリピンのビール会社サンミゲル社取締役、キリンホールディングス経営企画部長、執行役員、常務取締役、協和発酵キリン(株)取締役などを経てキリンビール社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ