大東隆行の名言|トップはどんなときでも従業員への思いやりを

このエントリーをはてなブックマークに追加

人と人とのつながりや信頼が組織の力の源です。だから、トップはどんなに苦しいときでも、従業員への思いやりを持たなければいけません。それがない会社は潰れます。僕は、300人以上いる直営店店長の名前はもちろんすべて覚えていますし、社員の誕生日には一人一人に本を、奥さんにはお花をプレゼントします。そして、クリスマスには社員の奥さんにお小遣いを贈るんです。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ