大東隆行の名言|上司に大切なことは「どれだけ自分を捨てられるか」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「どれだけ自分を捨てられるか」が大事です。業績が伸び悩んでいる店舗の店長は、「自分が、自分が」となっていることが多い。そんなときこそ、お客様の視点、従業員の視点でものを考えられるかが勝負です。自分を殺して相手の視点で考えられるようになると、言葉ひとつひとつも変わってきます。ちょっとした姿勢、態度、言葉づかいの違いが本当に大きいんです。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ