家本賢太郎の名言|叱るときは相手が間違いを気づくように

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営理念をスローガンのように振りかざして、社員を追い詰めることはしません。叱るときでも、「あなたが間違っていたでしょ」と認めさせるのではなく、理念やビジョンを根拠に、八割はこちらからさりげなく注意します。残り二割は相手に気づいてもらうよう心がけています。


家本賢太郎 の経歴

家本賢太郎、いえもと・けんたろう。日本の経営者。クララオンライン創業者。愛知県出身。中学生時代、脳腫瘍の除去手術の後遺症により車椅子生活となり、入院中にパソコンと接するようになりITの道に目覚める。15歳でレンタルサーバーサービスをメイン事業とするクララオンラインを設立。その後、慶應義塾大学環境情報学部に入学。奇跡的に両足の運動神経が回復し車椅子生活から脱する。慶應義塾大学を中退し、早稲田大学大学院スポーツ研究科を卒業。株式会社スポーツITソリューションを設立し会長を務めた。主な著書に『僕が15で社長になった理由』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ