川西勝三の名言|60歳からが人生の華

このエントリーをはてなブックマークに追加

60歳からが人生の華です。いままで培ってきたことを土台にし、人生の生き様に挑戦し続けていきたい。


川西勝三 の経歴

川西勝三、かわにし・しょうぞう。日本の経営者。計測機器メーカーの大和製衡社長。甲南大学経済学部卒業後、大和製衡に入社。取締役、常務、常務取締役営業本部長、専務取締役、専務取締役営業企画担当、副社長などを経て社長に就任。バブル崩壊で悪化した同社の改革を行いV字回復させた経営者。学生時代、全日本学生馬術チャンピオンを獲得している。また60歳を過ぎてから馬術と音楽を再開し、馬術では国体に4度出場し、自分よりずっと若いプロ選手たちが参加する中、すべての大会で入賞、2007年大分国体で全国3位を獲得。音楽ではサックスでプロと一緒にホールライブを数多く行った。スポーツの目標達成技術を経営に応用する「スポーツ経営」を提唱している。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ