中原淳の名言|折に触れて過去を省みることの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

人がやっていない新しい仕事に挑戦することは大切です。しかし、挑戦ばかりしていても経験はストーリーになりません。折に触れて自らの業務経験を振り返り、それをひとつのストーリーとしてまとめることが重要です。それは「いろんな仕事をしてきたけれど、結局、自分の人生で追求したかったこと、大切にしてきたことは何か」ということを見出す作業です。私も大学に勤める研究者として、自分のこれまでの研究を振り返る時間を意識的につくるようにしています。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ