榊原定征の名言|将来のために絶対やるべきだと思った事業は、赤字でも続ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

炭素繊維は70年代に欧米の大手化学メーカーがそろって参入しましたが、用途開発に時間がかかるうえに研究開発費の負担が重く、脱落していきました。日本企業は「将来のために絶対やるべきだ」と思った事業は収益が赤字でも容認し、研究開発費をかけ続けました。長期的な視点で経営を行ってきたからできたことです。
【覚書き|炭素繊維で高いシェアをとっている理由について語った言葉】


榊原定征 の経歴

榊原定征、さかきばら・さだゆき。日本の経営者。東レ会長。愛知出身。名古屋大学大学院工学研究科応用化学専攻修士課程修了後、東洋レーヨン(のちの東レ)に入社。経営企画室長、取締役、技術センター所長、専務、副社長などを経て社長に就任。日本経団連会長、日本化学繊維協会会長、内閣府総合科学技術会議議員、商船三井社外取締役なども務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ