フィリップ・コトラーの名言|景気後退期に企業が実行すべき4つのマーケティング基本動作

このエントリーをはてなブックマークに追加

景気後退期に企業が実行すべきマーケティングの基本動作は4つあります。

  1. 顧客がどう変わりつつあるのかを注視すること。
  2. 自社の製品やサービスを再点検すること。
  3. 製品が顧客の手に届くまでの全プロセスを再点検すること。
  4. 販売促進の抜本的な改革をすること。

フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ