織田大蔵の名言|若い社員は甘やかさない

このエントリーをはてなブックマークに追加

若い社員を甘やかしてはいけない。温室で育てられた野菜や果物は、よくできているようでも、自然の風雪に耐えて出来たものとは、はっきり味が違う。ときにくさい肥料もかけてやらねばならぬ。くさい肥料が叱ることにあたるだろう。


織田大蔵 の経歴

織田大蔵、おだ・たいぞう。日本の経営者。福島交通の社長。貧しい身の上から成功し、所得番付で東北1位をとった人物。貧しい家庭に生まれ精米所、米屋、繭の仲買人などの商売を行ったのち、貯めた金で福島交通の株を買い、大株主になったのち役員として入社。監査役、取締役、副社長などを経て社長に就任。沿線地域の開発なども手掛け、同社を東北一のバス会社へと成長させた。そのほか、郡山商工会議所会頭なども務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ