川村隆の名言・格言|時代とともに最適な経営戦略は変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加

総合電機という方針は、悪くなかったと思うんですよ、当時としては。いろんなものが伸び盛りでしたから。一本足打法よりはるかによかったと思います。ところが、世の中が変わってきて、総合電機路線で並列運転をしていると、「これはもう事業をたたんだ方がいい」というのが、かなり早くから出てきているわけです。それに対する手当てが、遅かったとしか言いようがありません。
【覚書き|日立マクセルから呼び戻され、経営再建を託されたときを振り返っての発言。この後同社は構造改革でV字回復する】


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ