池谷裕二の名言・格言|朝一でやる作業を固定してルーティン化する

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝出社して、今日はどの作業から取りかかろうかと考えているようでは、仕事は思うようにはかどりません。大切なのは、意識に立ちあがらないレベルまで習慣化してしまうことです。たとえば「まずメールチェックをして、次は予定表を書く」というように、やる作業を固定して毎日繰り返せば、いずれ苦も無くこなせるようになります。


池谷裕二 の経歴

池谷裕二、いけがや・ゆうじ。日本の薬学博士、脳科学者。専門は薬理学、神経科学。海馬、大脳皮質を研究する。静岡県生まれ。東京大学大学院薬学系研究科で薬学博士号を取得。コロンビア大学客員研究員を経て、東京大学大学院薬学系研究科講師。脳の研究を一般にわかりやすく紹介する著書を数多く出版している。主な著書に『進化しすぎた脳』『海馬』『単純な脳、複雑な「私」』など

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ