川村隆の名言・格言|意思決定権を与えられると、人は意識が大きく変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラストマン(決断する人)になると、意識が大きく変わる。ある小さなグループ会社の社長からこんな話を聞いた。彼は営業出身で本社時代は交際費も期末には全部使い切るものと思っていた。それが社長に転じてからはトイレットペーパーの値段にも目を配るほどコスト意識が強くなった。赤字が出れば、バック(責任)を回す相手はいない。それがラストマンの役割だ。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ