川村隆の名言・格言|経営責任を明確化することで、社内の意識を変える

このエントリーをはてなブックマークに追加

日立本体には電力、水、情報などの事業が並列に並ぶ。従来は「寄らば大樹」で、ある事業の収益が悪くても大きな財布の中でカバーされ、いわば「どんぶり勘定」の面があった。これを根本的に変えるため、各事業部門を疑似会社化し「○○システム社」と呼んで、独立企業のように経営に責任を持たせた。各システム社の社長は機関投資家やメディアを集めて説明会を開き、売上目標や事業方針を公約しなければならない。業績に応じて格付けも行い、格付けが高ければ、本体から受ける事業資金の融資も金利面で優遇されるようにした。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ