川村隆の名言・格言|財政再建より先に、アイデンティティの刷新に取り組まなければいけない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、アイデンティティを重視したのか。再生には財政再建も急務であり、赤字事業を分社化するなど、構造改革の方針を決めていた。ただ、財政再建だけでは、社員たちは日立がどこに向かっているのかわからない。事実、若手から届くメールは、現状への失望が読み取れた。自分は何のために仕事をするのか。必要なのは未来の道筋を示すことだった。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ